今回はmacにrubyをインストールしていきたいと思います。macに開発者ツールをいろいろダウンロードするのによく使うツールがHomebrewです。Homebrewはgithubなどと連携して、開発者ツールをダウンロード、管理してくれるツールになります。Homebrewの公式ホームページはこちら

Homebrewのページにいきbrewコマンドを使えるようにするためにはrubyが必要です。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

つまりHomebrewでrubyをダウンロードしたいのにrubyを先にダウンロードしないとHomebrewをmacにインストールできないという、初心者には「ちょっと待って?」と言いたくなるような状態です。

Homebrewをインストール

Homebrewをダウンロードするためにmacが標準で用意してる開発者ツール全般をダウンロードして、rubyを入れていきましょう。

xcode-select --install

続いてこちらのコマンドhomebrewをダウンロードしてましょう

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

homebrewがインストールできて、brewコマンドが使用可能になったのでmacが用意していない必要なパッケージをインストールしていきます。

brew install wget

インストールが完了したら、rubyのダウンロードにうつりましょう。

homebrewでrbenvをインストール
brewで直接rubyをダウンロードすることも可能ですが、rubyはバージョンのアップデートが頻繁だったり、プロジェクトごとにrubyのバージョンが違ったりするので、バージョン管理ツールのrbenvを使用しましょう。ちなみにpythonのバージョン管理ツールはpyenvと言います。envがつくをバージョン管理ツールなんだと覚えておけばいいですね。

brew install rbenv
brew install ruby-build

rbenvがインストールできたら、パスを通します。パス通すとはコマンドでアプリをインストールできるようにするための設定のことです。

echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'if which rbenv > /dev/null; then eval "$(rbenv init -)"; fi' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile

rbenvがインストールできたら、いよいよrubyのバージョンをインストールしていきます。

rbenv install --list    # => インストール可能なバージョン一覧の表示
rbenv install 2.6.1 # => rubyのインストール
rbenv rehash             # => rbenv の再読み込み
rbenv global 2.6.1  # => defaultで使うrubyのバージョン

これでrubyの2.6.1のバージョンがダウンロードできたのか確認してみます。

ruby -v

rubyのバージョンが2.6.1ではなかったら、pashが通っていない可能性があるのでbash_profileを確認してみてください。次にrubyのwebフレームワークであるrailsとgemを管理するためのツールであるbundlerをダウンロードしていきましょう。

gem install bundler
gem install rails

これでrailsが使用可能になったのでrailsでアプリの作成が可能になりました。rails newでアプリの開発を始めていきましょう。

rails new my_app
cd my_app
rails s

rails sはrailsでサーバー起動するためのコマンドになります。デフォルトではポート番号が3000に設定されているのでlocalhost:3000にsafariかgoogle chomeでアクセスしましょう。
FireShot Capture 38 - Ruby on Rails - http___localhost_3000_.png